個人年金保険のおすすめ人気商品3選と相談窓口ランキング

「老後資金は2,000万円必要」と言われる中、注目を集めている「個人年金保険」は、60歳や65歳など定めた年齢から定期的に年金形式で受け取りが可能な保険です。

個人年金保険で老後資金を準備すると、選ぶ商品によっては払い込んだ保険料より多く受け取れることもあるため見逃せません。

老後資金の準備方法 公的年金と個人年金保険

公的年金だけに頼らず、個人年金保険でゆとりある生活を目指してコツコツ積み立てて準備しましょう!この記事は、5分程度で読めます

\おすすめの商品はこちら/

おすすめ個人年金保険ランキング【高返戻率順】

では数ある保険の中で最も返戻率が高い個人年金保険とは、どの保険なのでしょうか?

※返戻率…払い込んだ保険料に対して、受け取る保険金の割合。

独自に調査をした結果、以下の通りになりました!

1マニュライフ生命『こだわり個人年金(外貨建)』

返戻率が最も高い個人年金保険は、マニュライフ生命の『こだわり個人年金』です。

マニュライフ生命「こだわり個人年金」

『こだわり個人年金』は外貨建の保険になります。

 資産の一部を外貨で持つと、資産全体の価値が下がるリスクが軽減され、海外の高水準な金利を活用した運用成果が期待できます。

マニュライフ生命のこだわり個人年金

また『こだわり個人年金』では、外貨を月々一定額の円で購入することで外貨が安いときに多く購入できるなど、為替変動のリスクにも対応しています。

月々の払込保険料は1万円~と低額なのも魅力。

貯蓄性が高い保険を利用して、老後に向けてコツコツ貯金していきたい方におすすめです。

\当サイトで人気個人年金/
\当サイトで圧倒的人気(全国可)/

2住友生命『たのしみ未来』

次におすすめなのが、住友生命が販売する『たのしみ未来』です。

住友生命「たのしみ未来」

『たのしみ未来』の特徴は、自分のライフプランに合わせて自由に商品を設計できる点。

 保険料払込期間や据置期間を自分で決められるので、払込保険料より年金受取総額を大きくすることも可能です。

なお年金受取額は円建てで、加入時に医師による診査や告知は不要。

  • 老後のため
  • マイホーム資金のため

など各々の”たのしみ”のために、資産形成ができます。

\当サイトで圧倒的人気(全国可)/

3明治安田生命『年金かけはし』

最後に紹介するのは、明治安田生命の『年金かけはし』です。

明治安田生命「年金かけはし」

『年金かけはし』も住友生命の『たのしみ未来』同様、保険料払込期間と据置期間を設定できます。

また保障期間中の死亡保障を抑えることで、年金受取総額が増えるしくみになっています。

若いうちから老後の生活資金に備えておきたい方におすすめです。

\当サイトで圧倒的人気(全国可)/

返戻率の高さで選ぶなら断トツ「マニュライフ生命」!

上で紹介した3つの個人年金保険の、返戻率を表にまとめてみました。

商品名 返戻率 保険
種類

マニュライフ生命『こだわり個人年金』
約118〜140% 外貨建て

住友生命『たのしみ未来』
約102〜110% 確定年金
(円建て)

明治安田生命『年金かけはし』
約106% 確定年金
(円建て)
 このように同じ個人年金保険でも、返戻率は商品によって大きく違います。
  • 払い込んだ保険料よりも多くの年金を受け取りたい方
  • 確実に貯蓄性のある個人年金保険に加入したい方

は断トツに、マニュライフ生命の『こだわり個人年金』がおすすめです。

\一番人気の個人年金/
\当サイトで圧倒的人気(全国可)/

マニュライフ生命『こだわり個人年金』の返戻率が高い理由

保険を運用してお金を増やすために大切なことは「なるべく高い金利で、長い時間運用する」ことです。

下のイラストを見てもわかるように、日本と海外の金利の差は歴然

 『こだわり個人年金』では、日本の金利よりも高水準な海外の金利を活用して運用するので、その金利差分、より多くのお金を増やせます。

また高い金利を活用して長い時間をかけて運用していけば、さらなる運用成果が期待できるので、なるべく早く個人年金保険で運用を始めるとより多くお金を増やせますよ。

\一番人気の個人年金/
\当サイトで圧倒的人気(全国可)/

個人年金保険を選ぶなら保険相談所はこの2社が絶対おすすめ!

ここまで読んでもどの個人年金保険に加入しようか悩む方は、無料の保険相談所の利用をおすすめします

無料の保険相談所では複数の商品の中から、あなたに最適な保険を専門家に提案してもらえます。

おすすめの無料の保険相談所はこちらです!

ほけんのぜんぶ
栄えある第1位に輝いたのは、柔道男子監督・井上康夫さんがイメージキャラクターを務める「ほけんのぜんぶ」です。
取り扱
保険会社数
対応地域
32社 全国
FP資格取得率 オンライン相談
100% 可⭕️
相談できる場所
もっと詳しく見る
取り扱い
保険会社数
合計:32社
生命保険:20社
損害保険:9社
少額短期保険:3社
主要商品 生命保険/死亡保険/医療保険/がん保険/火災保険/地震保険/学資保険/個人年金保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能(離島除く)
キャンペーン あり
\オンライン・訪問対応可能(全国)/

ほけんのぜんぶには、お金のプロであるFP(ファイナンシャルプランナー)が260名以上在籍しています。

商品も30社以上の保険会社の保険を取り扱い、初めて保険に加入する方・保険を見直す方にぴったりの保険相談所です。

ほけんのぜんぶの無料FP相談の流れ

ほけんのぜんぶで無料保険相談を申し込む際は、自分の都合が良い日時と場所を決めるだけ。

全国各地に無料で出張相談に来てくれる、またはオンラインでの相談が可能ですので、

  • 仕事が忙しくて時間が取りにくい方
  • 小さなお子さんがいて中々外出できない方

にもおすすめです。

ほけんのぜんぶの無料FP相談

当日FPには、保険の相談だけでなく資産運用や家計の見直しについてなど、お金にまつわる全般の相談に乗ってもらえます。

ちなみに相談は何度しても無料

しかも今なら、無料相談するだけで豪華プレゼントが必ず貰えるので、保険に加入するかどうか迷っている方でもこの機会に一度、専門家に無料相談してみるのをおすすめします!

\オンライン・訪問対応可能(全国)/
保険市場
無料保険相談おすすめランキング第2位は、専業保険代理店では唯一となる東証一部上場企業の「保険市場」です。
取り扱
保険会社数
対応地域
84社
全国
総保険契約
保有件数
オンライン相談
55万件以上 可⭕️
相談できる場所
もっと詳しく見る
取り扱い
保険会社数
合計:84社
生命保険:27社
損害保険:29社
少額短期保険28社
主要商品 生命保険/死亡保険/医療保険/がん保険/火災保険/地震保険/学資保険/変額個人年金保険/就業不能保険/介護保険/自動車保険/その他多数
対応地域 全国どこでも可能
\オンライン相談大人気/

保険市場の特徴保険市場のお客様満足度は97.9%。オンラインで簡単に申し込んだら店舗はもちろん、自宅でもアプリなしで簡単に無料の保険相談が可能です。

現在617店舗もの協力店舗数を誇り、業界老舗・東証一部上場企業なため安心度が違います。

\オンライン相談大人気/

どこの無料保険相談にするか迷ったら?

もしどこの無料保険相談を利用するか迷ったら、『ほけんのぜんぶ』と『保険市場』の両方を利用しましょう。

両方利用した方が絶対に良い理由は、以下の3つです。

  1. 相談所によって提案される保険は異なる
  2. 複数回相談することで保険についての知識が深まり、どの保険が自分に最適か見極められるようになる
  3. 自分と相性が悪い相談員の可能性がある

保険は、

  • ライフステージが変わるたびに保障内容を見直せるもの
  • 一度加入したら生涯同じ保障と保険料の支払いが続くもの
  • 中途解約したら損になるもの

など様々なタイプがあります。

なので保険に加入する際は、将来を見据えて「本当に自分に合っている保険なのか」を見極める必要がありますが、それは素人からすると少しハードルが高いですよね。

 なので保険初心者にはとくに、取扱い商品も在籍するFPも違う複数の保険相談所を利用するのをおすすめしています。

そうすると複数のプロの意見が聞けるだけでなく、新たな情報も得られてより納得した保険選びができるでしょう

中でもオンライン保険相談を行うほけんのぜんぶなら、不要な外出をせずにプロに相談可能です。

\オンライン・訪問対応可能(全国)/
\オンライン相談大人気/

老後にかかる費用はどれくらい?

公的年金だけでは不安とは思いつつも、足りるならそれだけで済ませたいのが本音ですよね。

個人年金の必要性を知るために

  1. 日本人の平均寿命はどのくらいか
  2. 老後に必要な生活費はいくらか
  3. 公的年金が受給開始される年齢と金額
これらを正しく理解することで、自ずと個人年金保険が必要か否か判断できるでしょう。
\一番人気の個人年金/
\当サイトで圧倒的人気(全国可)/

1日本人の平均寿命

厚生労働省の調査によると、日本人の平均寿命は現在男性が81歳、女性が87歳です。

日本人の平均寿命

現在の日本では、60歳で定年退職の企業が約8割となっていますが、段階的に引き上げたり、高齢者の雇用も叫ばれていますので、数十年後には情勢は変わっているかもしれません。

日本の定年退職

いま現在の定年退職年齢で考えると、60歳で退職した後、男性は平均寿命(81歳)までの21年間女性は平均寿命(87歳)までの27年間の「老後生活」があるということです。

\一番人気の個人年金/
\当サイトで圧倒的人気(全国可)/

2公的年金の受給額と受給開始年齢

公的年金として受給される金額が老後生活の必要額を満たしているのであれば、民間の個人年金保険にわざわざ加入する必要はありませんよね。

先にご紹介した退職年齢や平均寿命と照らし合わせながら、公的年金が何歳の時からいくらくらい受給できるのか確認しましょう。

公的年金の受給額

まずは公的年金の受給額を知る前に、受給額は受給開始年齢を早めたり、逆に遅らせたりした場合や、保険料を支払った期間の違いでも変動する点に注意が必要です。

公的年金の受給額 単身と夫婦の場合※夫婦の場合、夫の収入が「平均的」かつ厚生年金に40年間加入、妻が専業主婦の場合

単身の場合、厚生年金も受給できれば約15万円受給でき、夫婦の場合は約22万円受給可能です。

公的年金の受給開始年齢

 単身で月約15万円、夫婦だと月約22万円が受給できる公的年金は、現在では原則65歳から受給開始となっています。

受給開始年齢を例えば「60歳から」など早める(繰り上げ受給)も可能ですが、月々の受給額が一生涯下がった額のままで受給となってしまうことは念頭に置かねばなりません。

\一番人気の個人年金/
\当サイトで圧倒的人気(全国可)/

3老後に必要な生活費

総務省の平成30年の「家計調査報告」によると、単身および夫婦に必要な最低限の生活費は単身で約15万3,973円/月夫婦で約26万4,707円/月となっています。

老後に必要な生活費 単身・夫婦の場合

つまり、先述した公的年金の受給額とあわせて考えると以下のようになります。

老後の生活費を公的年金で補うと… 単身・夫婦の場合

単身世帯では月に3,973円、夫婦二人世帯では月に4万4,707円も赤字になるんです!

しかも、上図は「最低限必要な金額」です。”ゆとりある生活”を送りたいと思うと、更に必要額は上がります。

ゆとりある生活費の項目

  • 旅行やレジャー
  • 趣味や教養
  • 日常生活費の充実
  • 耐久消費財の買い替え
  • 子どもや孫への資金援助
  • 隣人や友人との付き合い
これらの金額にあわせて、介護費用や葬儀費用も必要になる可能性もあります。

老後に必要となり得る費用の例

老後生活は男女ともに20年以上ありましたから、若いときほど働けない20年間にこれだけの費用が必要になるのは不安ですね。

 そこで役に立つのが「個人年金保険」。返戻率が高い商品を選べば、払い込んだ保険料よりも多くの年金を受け取れます
\一番人気の個人年金/
\当サイトで圧倒的人気(全国可)/

まとめ

いま現在の日本における制度にて老後資金等について見てきましたが、あなたが老後生活を迎える頃には制度も少し変わっていることでしょう。

無料の保険相談所では、老後だけではなく家計全般、教育資金や住宅資金、資産運用、介護・医療費についても無料で相談できてしまいます。

\オンライン・訪問対応可能(全国)/
おすすめの記事